お得に式を挙げるなら軽井沢高原協会がお勧め

新郎新婦

親子2代で誓う場所

式場

幻想的な雰囲気を演出

国内のリゾートウェディングで人気の軽井沢は、結婚式場の聖地とまで呼ばれる場所です。都心から1時間程度の距離でありながら、豊かな自然に恵まれた高級リゾート地として親しまれています。その中にある軽井沢高原教会は大正10年に開かれた由緒ある教会として有名で、両親がこの教会で式を挙げたという話も少なくないようです。美しい緑の中に佇む軽井沢高原教会は、誰もが知っている教会とは異なるシルエットとなっています。軽井沢という風土に合わせたデザインとなっており、木造建築の三角屋根は、より幻想的な雰囲気を演出できることでしょう。軽井沢高原教会の収容人数は80人と、外観からは想像できない人数を招き入れることができるため、親族などの近しい人だけでなく職場の同僚や友人など参加者が多くても問題ありません。軽井沢高原教会で挙式を挙げるのは、両親が望むところもありますが、2世代にわたって誓いたいと願う新郎新婦も多いようです。リゾートウェディングは意外に高いと思われがちですが、軽井沢高原教会の結婚式にかかる料金はかなり安くなっています。独立型の教会式となる軽井沢高原教会の費用は84,000円からで、その他の費用と合わせて80万円もかからないくらいで抑えることもできます。予算を抑えて余裕を作ることで、多くのゲストを招いたり、二次会に費用をかけるといったこともできます。最寄り駅からの送迎もできるので、自然に囲まれた中で挙式を挙げたいという人達にとって、最適なプランが用意できるはずです。

女性

二次会は業者に任せる

結婚式において、二次会は披露宴と並んで重要なイベントの一つです。二次会代行業者に依頼する場合、最初の説明時に契約して、業者側が要望に沿って計画を立案します。必要に応じて確認を行いながら最終案を了承すれば、当日までの準備は計画通りに進みます。

カップル

心温まる演出

結婚式の演出の一つに、プロフィールムービーがあります。プロフィールムービーは、自分達で制作することもできますが、業者に依頼する方が良いでしょう。業者を選ぶ際には、サンプル動画が見られるか、料金形態は明確か、などがポイントとなります。

婦人

招待客への感謝を

結婚式に行くと、会場の入り口などで招待客を迎えてくれるウェルカムボード。招待客への感謝を表すものとして結婚式ではおなじみのものとなりつつあります。作り方に特に決まりはありませんので、どんなウェルカムボードにするのかはアイデア次第になります。